貸しホールの料金設定、提携業者。

目的や予算に合わせた貸しホールの利用をするためにどういう点を注意すべきか、まとめましたのでご覧ください。

New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
貸しホールの料金設定、提携業者。

貸しホールを利用するポイント

学校行事や企業のイベントで貸しホールを利用する需要が増えています。特に企業は自社商品のPRイベント意外に社内研修や決起集会など人事戦略として利用するところが多くなってきました。そこで目的と予算に合わせて貸しホールを検討するテクニックを紹介します。

まずは場所です。自社商品のPRイベントで利用するためには商品の量と大きさに合わせたが会場選びが重要です。大きなものを搬入する場合は出入口や運搬状況を確認しましょう。社内研修や決起集会は収容人数と予算の他に、社員が集まりやすい場所、どのぐらいの音声まで出せるのかといったイベント内容に合わせた細かい確認が必要です。特に新入社員研修では発声練習などの大声を出すことがありますので貸しホール側への配慮と確認が必要です。

最後に予算です。自社製品のPRであれば様々なお客様をお招きするためにある程度会場費に予算をかけましょう。年に数回程度の開催予定がある場合は決まった会場に会員登録することで割引を受けることが出来ます。社内研修や決起集会は予算を抑えておきたいところです。会社の所在地がある市や区の運営する施設を利用したり、加入する健康保険組合が提供するものを利用すると一般価格と比べて安く利用することができます。是非、探してみましょう。